佐々木壯明プロフィール

津軽三味線演奏者
佐々木壯明(ささきそうめい)/本名 佐々木壯明(たけあき)
1946年 9月5日生まれ
出身地:神奈川県川崎市

1950年
日本の祭ばやしに感心を持つ。
1956年
浪曲を独習。日本民謡を独習。(SPレコード、他より)
1958年
落語、漫才、歌舞伎(声色)を独習。
1959年
日本民謡(唄)を太田はま子に師事。日本郷土民謡協会へ出場(少年部)
1960年
日本民謡の太鼓を独習。
1963年
日本民謡の三味線を独習。(川崎市立橘高校、体育祭にて「橘音頭」を初演奏)
1965年
津軽三味線、秋田三味線を独習。
1967年
津軽三味線を小山貢翁に師事。
1971年
現代尺八「村岡実とニュー・ディメンション・グループ」に加入。
1975年
「第7回永六輔その世界」に出演。
1979年
モーツァルトホール(オーストリア)・シューマン記念ホール(旧西ドイツ)にて演奏(日本初の民謡と三味線)
1980年
鉄砲節河内音頭宗家家元、鉄砲光三郎の専属伴奏を担当。
組曲「津軽」(作曲・渡辺浦人)を東京シティフィルハーモニック管弦楽団と共演。
1984年
民音創立20周年記念(大阪城ホール)に出演。
1985年
中国(雲南省・昆明市、福建省・泉州市)公演(木村淡鵬:団長)
1986年
「第1回 佐々木壯明・津軽三味線」リサイタルを国立劇場演芸場で開催(以後毎年開催)
佐々木壯明として独立(小山貢若改め)。津軽三味線佐々木流創流家元。「小若」創立、主宰。
カナダ万博にてバンクーバー交響楽団(指揮:秋山和慶氏)と共演。
国際交流基金のオーストラリア公演(箏:宮下伸、尺八:中村明一氏と共に)。
1987年
第2次中国(広州・成都・昆明)公演
劇男「一世風靡」とニューヨーク・パフォーマンス(ザ・バチサウンズ結成)。
(アポロ・シアター、42ndストリート、ワシントン広場、リンカンセンターなど。10/2付けニューヨークタイムズに写真がある。)
1988年
国際交流基金、東南アジア(韓国・フィッリピン・シンガポール・マレーシア)公演。
劇団「夢の遊眠社」(主宰・野田秀樹)のニューヨーク公演に太棹パフォーマンスを提供。
1989年
オーストラリア映画「戦争の女たち」の音楽担当(津軽三味線)
1990年
国際交流基金、北欧・東欧・旧ソ連公演。
1992年
アジア音楽コンクールにNHKより出品(太棹セッション・二胡・尺八・和太鼓)。

1993年

「劇団未来劇場」 (里吉しげみ演出・水森亜土・片岡鶴太郎と共演)公演に参加。

1994年
「題名のない音楽会」(テレビ朝日 )にて東京交響楽団(指揮:石丸寛氏)と共演。
1996年
文化庁芸術主催公演「アジア・アート・フェスティバル」にゲスト出演。 天皇・皇后両陛下の天覧に浴す。
1998年
国際交流基金、津軽三味線中南米(ブラジル・コロンビア・グァテマラ)公演。
2000年
ドイツにて「津軽三味線協奏曲」(作曲:松下功)を文京区民オーケストラと共演。又、東京交響楽団とも共演(東京芸術劇場大ホール)
2001年
ガうコンサート(東京上野・奉楽堂に出演。
2002年
佐々木壮明・津軽三味線コンサート(青森県・下北文化会館大ホール)などを特番・親子でTBS系テレビ出演。
文京区民オーケストラのソウル公演に参加
2003年
サンケイ民舞大賞(国立大劇場)に参加。
現代尺八・村岡実コンサート(宮崎県・東京都)に出演
2004年
川崎市制80周年記念・川崎祭(川崎稲荷神社)に参加。
国際ロータリークラブ世界大会(大阪ドーム)に出演。
2005年
アジア音楽祭・アジアの響(豊田市コンサートホール)に参加。
全州ソリ音楽祭(ソウル)に参加。
2007年
親子心響コンサート(川崎地下街アゼリン・サンライト広場)に出演。
渋谷区民のつどい(明治神宮会館)に出演。
2008年
GEU-19グローバルチャレンジボウル2008川崎大会
Welcome party(川崎日航ホテル)に出演。
2009年
横浜開発150周年記念事業・マイウェイ「横浜ふるさと歌物語」音楽会(はまぎんホール・ヴィアマーレ)に出演。
インターネットTV新宿放送局「社長のランチ」で放映。
その他1
朝日友の会(文京シビックホール)。東京・小金井第一小学校で講演。かわさきFM(川崎市中原区)河内音頭鉄砲節(佐々木壮磨)と津軽三味線関西講演。東京駅コン(東京の民謡を歌い継ぐ会)FMアジュール(青森)「大島さと子のお話コレクション」。元住吉室内楽団(和&洋)演奏会・曹洞宗今井山大乗院・28世退董、29世晋山結制法要・祝宴、第4弾がらがらぽん(江戸東京博物館大ホール)、全労済川崎北地区加入者の集い(川崎市高津市民館大ホール)、川崎市立今井小学校創立50周年記念式典祝賀会、中村ヨシミツギター人生45周年記念パーティー、住吉神社(川崎市)合杞百年記念。
その他2
以前レギュラー出演として「細川たかしショー」、民音「鉄砲光三郎ショー」(梅田コマ・他)、民音「日本の民謡」(踊:民文連)、フジTV「キンカン素人民謡名人戦」TVK「民謡のど自慢」、大倉山水曜コンサート、学校公演。又、TVのCM演奏(「IBM」のCM他 )、劇伴(劇団未来劇場、島倉千代子ショー他)、各レコード会社の民謡伴奏、NHK民謡番組(FM「日本の民謡」他)、カラオケ、東京駅コン、レブロン・ジャズフェスティバル(日比谷野音)、川崎市民まつり(川崎球場)川崎市中原区民祭、大阪花博(NHKハイビジョンテスト放映)、浜松砂丘まつり、世田谷・野外音楽フェスティバル(「日本の音のね」)、屋久島・上屋久町20周年記念式典、ジャスコグループ入社式、ユネスコ国際文化交流フェスティバル、青少年対策地区委員会設立30周年記念大会、「IBM」記念式典、全トヨタ労組創立50周年記念レセプション、全トヨタ販売店代表者会議(セレモニー)ニュースキン・ジャパン・コンベンション(東京ドーム)、女子美術大学付属中学・高校芸術鑑賞公演、藤山新太郎マジックショー「浜松市民フェスティバル'98〜舞の旋律〜」、「山口七夕ちょうちんまつり」「日本ボルボ会総会」「東京の民謡を歌い継ぐ会」(各都内25年間で200回以上、復活曲225曲)、民謡定席、その他に出演。
・歌謡曲(「望郷じょんがら」細川たかし、「浪花節だよ人生は」小野由紀子、森進一、森昌子、内藤国雄、十勝花子、佐々木新一、他)の津軽三味線として吹き込みする。
受賞など
1965年・東京放送(現・TBSラジオ)浪曲天狗道場(三段)に合格。
1966年・日本民謡協会・新人戦に入賞(唄)。
1967年・日本郷土民謡協会・神奈川県連合会(唄)優勝。
1977年・NHKオーディション(津軽三味線)に合格。
1991年・中原警察署(神奈川県)より感謝状(「交通安全おとしよりの集い」に津軽三味線を演奏)
1995年・日本郷土民謡協会より指導優秀賞(「津軽じょんがら節」合奏で優勝)
2003年・警視庁東京空港警察署より感謝状(講演会)
2007年・警視庁代々木警察署より感謝状(全国地域安全運動)
*TBSドラマ「冬の花火」(石坂浩二・大谷直子)に津軽三味線で音楽担当(レギュラー)('80年)
*エッセイ・AMAGRAM「三味線音楽への夢の実現」('95年5月)・社会保険「とっておきの話・健康と病気」('96年4月)
* 随筆・「目の眼」古美術・民芸の月刊誌(2回登載)
*実技口座・「津軽三味線の弾き方」(「みんよう春秋」 '82〜83-8回連載)・「津軽三味線、これからどうする?」(「みんよう春秋」'2000〜'01-5回連載)
*作品(作曲・編曲、他)

・「浪曲津軽節」('74ビクターレコード吹き込み)
・「荒野の夕日」「飛行船」「キャメルの街角」「スポットライト」('87〜90)
・「疾風船」「京都しぐれ」「ステップソング」草原の風」('91)
・「追分」「祭(まつり)」「津軽協奏曲」('92)
・「夏の星座」「花火」('93)
・「桜の空」「流水」「津軽の雪」('94)
・「楽園浪漫」「哀夢幻」('95)〜以上は、津軽三味線のための創作曲。
・「ラップじょんがら(口説節)」「津軽の子守唄によるウ゛ォカリ−ズ」「あいや情歌」「歌曲・茨の花コ」('96)
・「すかんこの花」「猫柳(ネゴツコ)」「リンゴ」「生」「約束」〜津軽方言詩より、「三味線(きょくびき)」('97)〜津軽歌曲として作曲。
・「春の川端コ」「暮春」「花火コ」「月の夜」「叙情的濁点考察」「田沢サン」〜伊奈かっぺい詩集他より ('98)

CDブック「津軽三味線『奥の細道』を行く」を里文出版より発売(2000年5月)
今までに共演した楽器他、
■箏・尺八・鼓・和太鼓・太鼓・笛・琵琶・笙・篳篥(しちりき)・大正琴・京琴・三十弦
■洋ドラムス・ギター・ウッドベース・サックス・クラリネット・ジャズフルート・ピアノ・ジプシーバイオリン・ラテンパーカッション・パンフルート・タブラ・シタール・二胡・シンセサイザー・他
■オーケストラ(歌謡曲・クラシック・組曲)ロックバンド、声明、舞踊(洋舞・日舞)、書道

佐々木壯明<津軽三味線の世界(演出・岡本一彦)
グループ=太棹セッション(バイオリン・タブラ・尺八と津軽三味線)
◎このセッションは、佐々木壯明リサイタルにおいて、津軽三味線と異種音楽との競演として展開しているうちの一つである。
1991年第5回・佐々木壯明・津軽三味線リサイタルが初演(国立劇場演芸場)ワンストップ・HQ・コンサート(飯田橋・区境 HALL)
1992年津軽三味線・ジャムセッション(府中の森芸術劇場ウイーンホール)
1993年第2回武蔵野市アメニティ・フェスティバル(武蔵野芸能劇場)高井戸地域区民センター運営協議会
1994年第9回世田谷野外音楽フェスティバル(世田谷公演噴水前広場)浜松砂丘まつり(遠州灘海浜公園・風紋広場)
1996年 東京労音(労音大久保会館)アジア・アート・フェスティバル(国立劇場大劇場)
1997年津軽の響き'97(横浜市吉野町市民プラザ)
1998年国際交流基金、中南米公演(ブラジル・コロンビア・グァテマラ)。その他