第14回めだか展撮影会2009.7.9

昨年に続き石巻市立吉浜小学校(校長・村山令記先生、教頭・中路淳子先生)で7月9日に行いました。
 3年生、4年生の14名の生徒さんが参加、ごご1時30分から約1時間。
 撮影時の3ポイントを説明し、今回は教室から学校内外、そして学校前の北上川追波河口へ撮影しました。見慣れた身じかな所にカメラを向けるのは、とても新鮮な気持です。子供たちは、早速パチッパチッと撮影を始めました。
 2階の教室のベランダの手摺りから 校庭を撮ったり、 地球儀を撮ったり、教室内を撮ったり、又、廊下に展示されている自分の絵を撮ったり、花壇の花も出来るだけ花の位置の高さから撮ったり…。外は曇りでしたが、さすがに北上川っ子達、寄せる波足やしじみ獲り舟や北上川の遠い山や太平洋に注ぐ川口などをあっちへこっちへ友だちと楽しそうにVサインしながら撮影しました。
  このときの140点の写真は10月4日の石巻中瀬で行われた「北上川フェア」にテント野外展示しました。
午前10時から午後3時半まで市内外の人々が3500人が集い、天気にも恵まれて、会場は大いに賑わいました。
中央メインステージではコーラスやダンス、北上川クイズで盛り上り、又、石巻千石船の会の「若宮丸」の展示、「焼きささかま」などの各種の出店、生け簀での魚の手づかみなど大人も子供も興じました。
 「石ノ森章太郎・石巻漫画館」の大きな白い屋根も、青い空の下で羽根を休めているいるみたいでした。夜になって天の川に飛び立つ間…。